自動車保険の等級とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
任意保険に加入すると等級というものがありますが、これは運転者の事故歴と自動車保険加入歴を比べて計数化したもので、通常1〜20等級まであります。
等級の数字が大きいと優良ドライバーとみなされ、保険料も安くなります。
自動車保険に加入した当初の等級は6等級から始まります。
加入してから一年間、事故を起こさずに保険を使わないでいると、等級が一つ上がります。
そして、また次の一年間、無事故で保険を使わなければ、等級がまた一つ上がります。
このように、保険を使わないでずっと加入し続けていると、等級がどんどんと上がっていき割引率が高くなります。
反対に、事故を起こして保険を使ってしまうと3等級下がってしまい保険料が高くなってしまいます。
保険の見直しなどで保険会社が変わったとしても、等級の引継ぎは出来ますので安心です。
また保険の契約者、記名被保険者が変更になっても等級には影響しません。
事故を起こしたとしても、非常に軽いもので自分の車に少し傷がついた程度のものであれば、保険を使わずに自費で修理をすれば、等級はそのままということになります。
等級が下がって、割引率も下がってしまい保険料が高くなってしまうことを考えると、軽い自損事故であれば自費で修理代を支払ったほうが良いという場合もあります。
事故の程度が、保険を使ったほうが良いのかどうかを自分では判断できない場合は、保険会社に連絡してアドバイスをしてもらっても良いでしょう。