交通事故のほとんどが物損事故

このエントリーをはてなブックマークに追加
車同士がぶつかったり、車が物にぶつかって壊してしまったりと、人の身体に被害がない交通事故を物損事故と言います。
実は交通事故のほとんどが物損事故であるという統計があります。
人の身体が傷つかないからといっても、車や物が傷つけられたときの修理費用というのが、思ったよりも高額になることがあります。
自賠責保険では、物に対する補償が一切ないために、もし任意保険に加入していないと、すべての費用を自費でまかなうと言うことになってしまいます。
物損事故は、自分がいくら気をつけていても防ぎ切れない場合も多いですので、任意保険には必ず加入しておきたいですね。
人に被害がない場合でも、事故が起きてしまった時は、相手側を自動車保険の保険証や車のナンバーから確認し、必ず警察に連絡してから保険会社に連絡するようにしましょう。
自動車保険で補償されるのは、事故で破損した部分の修理費です。
具体的には、工賃や塗装、板金費、部品の費用などが修理費として充てられます。
ただし修理が出来る状態の時に限り、もし全損して修理が不可能な場合、自動車の時価額が支払われます。
自動車の時価額は、購入してから、どんどんと下がっていきますので、購入した時の金額よりもかなり下回ってしまうことがほとんどとなります。
修理した場合でも、その修理費用は時価額が上限となります。
自動車を業務用に使用していた場合は、修理期間中の代車費用、また交通費なども認められます。

便利な自動車保険の情報サイト