自動車事故が起きてしまったら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
交通事故は、たとえ自動車保険に加入していても起きない、起こさないに越したことはありません。
しかし、これだけ自動車の台数が増えて、毎日のように何らかの事故が起こっている状況では、一度も事故にあったことがないという人のほうが少ないかもしれません。
事故を起こしたくて起こす人はいませんが、もし事故が起こってしまったらまず何をするべきかを冷静に判断して、それ以上の被害を防ぐ必要があります。
自分の過失で事故が起こってしまった場合は、まずはけが人がいないかを確かめましょう。
けが人がいる場合は、応急処置をして救急車を呼びましょう。
けが人、車両などを邪魔にならない路肩などに移動して、注意を促すために発煙筒や停止表示器材を設置します。
それから警察に連絡をします。
救急車を呼んだ場合は警察にも連絡が入りますので、到着を待ちます。
最後に保険会社に連絡をします。
自分が被害者となった場合は、まずは相手の身元を確かめて、免許証などのコピーをもらいます。
それから現場の状況を写真に撮っておいたり、目撃者がいる場合は証人になってもらったりします。
そして警察に連絡してから保険会社に連絡します。
交通事故の中には、当て逃げされたり自損事故を起こす場合もありますが、この場合も警察に届けた後に、保険会社に連絡するようにしましょう。
当て逃げをした車のナンバーや特徴を覚えていると、車を特定できることもありますので、覚えていることを細かく警察に告げるようにしましょう。